読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

坂道は遠慮致します。

TREK domane2.3→2016年CANYON ULTIMATE CF SL 筋肉痛が1日遅れでやって来る40代。 恐妻に怯えながら日々ライド中。

卒業シーズンは関係無いけど、オイラ呼び出しをくらう!

STRAVAでフォローさせて頂いている佐渡の自転車チームAC2Rのお二人に、「日曜、一緒にどうですか?」みたいなお誘いを受けました。
KY(空気を読む男)なオイラは直ぐに察しましたよ。

こいつCANYONポチったとか浮かれてるから一丁〆たるか!( ̄ー ̄)ニヤリ

って事だと!ガクブル(((´;ω;`)))ガクブル

 

恐妻にLINEで日曜の予定を伺い立てると

「イイよ。いってらっしゃーい」
(えぇっ、いつもならダメって言うじゃん。朝10時には帰って来いって言うじゃん)

っと言うことで、AC2Rの面々にシバかれに逝ってきました。


なんせ、彼らは佐渡金山ヒルクライムの際に、オイラがゴールした頃には汗が冷えきってる位の方々ですからね。

 


集合場所の佐和田海岸にて挨拶を。
二人の対応はとても物腰柔らか。
(ココで油断させて…って事だね。その手には乗らんよ)


「じゃ、まずは25km/h位で流しますねぇ」っと七浦周りで揚島に向けて出発。

佐和田~七浦~揚島(尖閣湾)は、佐渡ロングライドでの初っ端の部分にあたり、アップダウンを含んだ何気に良さ気なコースなのである。

何気に良さ気なコースではあるが、確実に振るいに掛けられるコースでも…(汗)

 

お二人に引いてもらいながら、なんとか付いて行きます。
スピードも徐々に上がります。


普段一人で走っていると、前走者との間合いの取り方とかが難しいです。
付かず離れずで、半身ズラして…っとは思うが、なかなかラインが定まらない…。

その他、ギアの変速のタイミングとか含め吸収しなくてはいけないことが盛り沢山ですわい。


なんとか、千切れることなく相川コンビニまで到着。


ふぅ( ´Д`)=3


「じゃ、今度はkikutakeさんに引いて貰おうかな ( ̄ー ̄)ニヤリ」


キタ━━━(゚∀゚)━━━!!


洗礼が来ました。

 

前走者にツキイチも難しいですが、先頭も難しいっす。

とにかく舐められない速度で一定に…。


おふっ!先頭だと風の抵抗が…

今まで付いてこれたのは、やはり風除けがあったからか…。

 

後が付いてきてるかどうかは、余裕がなくてあまり確認出来ないけど、変速の音は聞こえるから大丈夫そう…か?

ってか、もしかして「おいおい、もっと飛ばせよーっ!!」って状態ですかハヒーッ???


揚島まで1km位?っで先頭交代して、一気に速度アップ!!

オイラ、アップアップ!
(オイラ、スプリンターでもクライマーでもなく、ダイエッターですからぁぁぁ)

 

でも、ここで千切れたら風の抵抗でもっとキツイぃぃぃ

必死で食らいついてなんとかゴールです。ゼェハァ…

 

一人で走ると、ただ黙々と走って終わりですが、同じ自転車乗りが集まれば休憩時も色んな会話が出て楽しいですね。
1つ問題があるとすれば、次々と物欲を刺激されることにも成りかねないのが怖いですが…。


その後は、再び相川まで戻り、美味しい天ぷら&うどんを堪能(写真とか全然撮らなかったなぁ(-_-;))。

再び七浦経由で戻ってきたのですが、行きは良い良い帰りは…では無いですが、帰りは若干の向かい風&満腹&お昼休みを挟んだことで足と身体が重くてバテバテでした。

(最初順調だったのは、追い風ってのもあったんだな…。)


何はともあれ、無事帰還することが出来ました。


(お昼休憩でGARMINを一旦切ってしまった…( ̄Д ̄;; )


チームの方々と練習? どんな地獄が待ってるんだ??と恐恐でしたが、初参加ってことでお客さん待遇を差し引いても楽しく走ることが出来ましたよ。

今年は、いろんな方に声を掛けていくとのことで、楽しい輪の中にオイラも潜り込みたいと思いますyo

 

しかし、気温の上昇と共にオイラも鍛えていかないとダメだな。うん!