坂道は遠慮致します。

TREK domane2.3→2016年CANYON ULTIMATE CF SL 筋肉痛が1日遅れでやって来る40代。 恐妻に怯えながら日々ライド中。

CANYON 開封の儀

質実剛健、マッチョなナイスガイに操られる事を夢見ていたに違いないULTIMATE。

まさか、こんな東洋の島国の、更に島の短足平たい顔族に開封されるとは思ってもいなかったことでしょう。

いざ、開封の儀!

 

っの前に、たしか荷物は2梱包だったはずですが、届いたのは1梱包…?

f:id:sado_roadbike:20160410234732j:plain

 

・・・・・・・。

箱の上にのってる封筒。

税関通った時の書類だけかと思っていたのですが…

f:id:sado_roadbike:20160412200127j:plain

リアディレイラーが入ってました。

あやうく見逃すところでした(消費税払い終えてしまったから用済みと捨てる勢いでしたヾ(-д-;)ぉぃぉぃ)

箱の中に入れてくれても良かったのになぁ…

 

気を取り直して、いざ開封!

f:id:sado_roadbike:20160412200255j:plain

f:id:sado_roadbike:20160412200304j:plain

シッカリとした梱包で、キズ等はない感じで一安心(^^)

 

それでは、一気に組み上げて…の前に、折角の新車!しかもマット塗装で汚れやすいだろうなぁ…って事で、このタイミングでコーティングを施しておくことにしました。

事前調査のリサーチの結果

  1. ムラになり難い(失敗が少ない)
  2. マット塗装に施工可
  3. ある程度の耐久性
  4. コストパフォーマンスに優れる(安い)

を条件に、ネットの評判等考慮して、ワコーズのバリアスコートをチョイス! 

 (カーボンフレームの紫外線による劣化も防ぐ効果があるとか…ふむふむ。)

 

f:id:sado_roadbike:20160412202423j:plain

ブシューっと吹き付けて、付属のクロスで吹き上げる!

f:id:sado_roadbike:20160412202456j:plain

f:id:sado_roadbike:20160412202510j:plain

マットな質感はそのままに、サラッとした仕上がり。

最初はマットな仕上げに手脂等が跡になりそうな感じでしたが、そう言ったのは防げそうです。

ブシューっと吹いては拭きあげ、更に吹付けて拭きあげ

おーっし、仕上がったぜ!!

 

 

f:id:sado_roadbike:20160412202900j:plain

拭きあげた部分にスプレー飛んだみたい…_| ̄|○

 

これも、クロスにシュッと一吹きした物で拭きあげたらキレイになりました。

これなら、失敗は少ないね。

ワコーズ VAC バリアスコート  オススメです(^^)

 

バリアスコートも完了して、とりあえずサドル高のみ決めて仮組み

f:id:sado_roadbike:20160412203510j:plain

ぐふふ、かっこいい (*´ω`*)

 

ハンドル幅が今までW420だったのが、今回W400に。

たった2cmですが、意外と違うもんですね。さらにリーチがかなり短い感じが…。

これがどう影響するのか…。

 

TREK domaneは通勤用にこのまま使おうと思ってるので2台体制になりそう(妻には2台も必要無い!!ヽ(`Д´)ノプンプンなんて言われてる)だけど、ペダルとGARMINケイデンスセンサーが1組ずつしかない…。 困った。

 

広告を非表示にする