読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

坂道は遠慮致します。

TREK domane2.3→2016年CANYON ULTIMATE CF SL 筋肉痛が1日遅れでやって来る40代。 恐妻に怯えながら日々ライド中。

佐渡金山 紅葉ライド

ライド記録

この前の日曜日に、一身上の都合で参加出来なかった佐渡金山ヒルクライムを、一人で実行すべく、佐渡金山に向かいました!

固定ローラー買って、気持ちはちょっと上がり気味ですが、なんせ最近の怠惰ぶりから身体は鈍りきってますからね、終わりに近づきつつある紅葉を楽しむライドです。

 

っと言う記事を途中まで書いて、妻が来たので慌てて下書き保存して画面を変えて・・・保存できてなっかた・・・(´・ω・`)ガックリ

 

いやー、いつになく熱のこもった記事だったんですがねぇ・・・。

 

さて思い出しつつ、書いてみますか。

 

前日の土曜は最高気温19℃、最低気温16℃と温かい日だったんですが、日曜は最高気温16℃、平日の気温7℃と寒い一日でした。

最高気温16℃は土曜から日曜に変わったタイミングでして、要は日が変わってからドンドン気温が下がった一日だったのです。

 

朝は気温は低く風も若干ありますが、陽射しがあるので温かく感じました。

風はね、山登りなら問題ないかなっと。

 

金山麓までは、自走で30分位でして、丁度アップに良い距離でして、軽めにクルクルしながら向かいましたよ。

思ったよりも風が強いですが、外を走るのは気持ちが良いです。

 

金山ヒルクライムコースですが、オイラ的には金山の駐車場がキツイです。

広くて遠くまで見通せて、バビューンとかっ飛んで行くとカッコイイのでしょうが、現実はいつまでたっても駐車場の終わりに近づかない・・・。

心拍のみが急上昇!

はい、今回も同様でした。 ココで燃え尽きました。

そこから先は、エッチラ、オッチラとペダルに体重を掛けるのみです。

 

駐車場を過ぎてからは、いよいよ林道コースになります。

ここまで来ると、バビューン!なんて事は、到底考えていませんからね。

ゼェハァ言いながら、脇の紅葉をチラ見する程度ですよ。

 

差し込んだ木漏れ日に輝く赤や黄色の葉がキレイですなぁ♪

坂でゼェハァやってるオッサンは見苦しいですがね(汗)

 

しかし、毎度思うのですが、なんでこんな思いして坂上ってるのか不思議でなりませんな。

 

 高度が上がるにつれて、見晴らしも良くなります。

あぁ、下る時にココで写真撮ろうかなぁ♪なんて思いながら、ワシワシと上り、電波塔まで登ると第一ピーク、ココから視界が開け一旦下ってから、更に登るっ!!

 

っとなるんですが、この視界が開けたところで・・・・・

 

強風!!

 

 

f:id:sado_roadbike:20161109203416j:plain

あぁ、写真では強風感が出ていない o(TヘTo) クゥ 

 

あまりの強風に、この先を断念!

寒さでウインドブレーカーを着込もうかと思うのですが、風が強すぎて着れない…。

危うくウインドブレーカーが凧のように飛んで行くところでした。

 

そそくさと下りに進路を変更したのですが、寒い…。

いやー、冬が直ぐそこまで近づいてきてますな。

f:id:sado_roadbike:20161109204409j:plain

 

f:id:sado_roadbike:20161109204420j:plain

雪が降るまでに、あと何回登れるかな・・・?なんて思いながら無事下山。

 

したのですが

 

その翌日、夕方から風邪っぽく喉がイガイガ・・・。

その翌日、佐渡の山には雪が降りました。

 

折角やる気が出てきたのになぁ ←遅いよ!