読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

坂道は遠慮致します。

TREK domane2.3→2016年CANYON ULTIMATE CF SL 筋肉痛が1日遅れでやって来る40代。 恐妻に怯えながら日々ライド中。

小佐渡1周 (佐渡ロングライド後半部の試走)

ライド記録

10/11に小佐渡1周ライドに行ってきました。

妻が珍しく子ども達をつれて1日外出なので、1日満喫出来るのです。
たぶん、子供が生まれて約6年、初めてかも!
(妻はその後FACEBOOKにて、子守担当が居なくて・・・っと不満を書き込んでましたが。)

 

広域農道(ロングライド130kmコースのラスト25km部分)、水津、赤泊から小木へと抜け、ロングライド210kmの最後の難所となる素浜海岸経由の120kmコースです。

 

 

今年は佐渡ロングライド210 130kmコースに参加したけど、来年は210kmコースを検討中。その為の後半視察ライドといったところです。


ここ1ヶ月ほどは1日20分程度のローラー台ばかりだったので、持久力が心配です。
ローラー台でのペダリングの向上にて脅威のライド!となればイイのですが…。


開始早々の細かいアップダウンが続く広域農道。
毎回最初の10km位は調子が上がらないのですが、いつにも増して調子が…。
26~27km/hと速度は上がらないし、心拍は170前後。
久しぶりの実走で感覚がずれているだけなのか?? 向かい風っぽい感はあるけど、やはり心配していた持久力の低下なのか??

心拍を気にしながら、だましだまし広域農道を終え海岸線に出ると平坦基調なルートです。
・・・が、風が・・・。
高波が激しい!

f:id:sado_roadbike:20141014224622j:plain


しかし、平坦コースのお陰で心拍は落ち着き速度も30km/hは問題なく維持できる感じで一安心。 序盤の遅れを挽回!っと行きたいが先は長く、最後の難関3連坂に備え温存する作戦にでる。 この辺の無茶しない感じが成長を妨げているのか…(汗)

 

ともすると35km/hオーバーな速度に気分はハイに。
オーッシ! ローラー台の成果が出てるぜっっ!!!

しかし、風になびく旗をみると追い風気味の横風のようで、やはりそんなもんだよねぇ(笑)


なんて思っていると左足に違和感が。 なんか攣りそう・・・。
ケイデンスを落としたり、軽く脹脛を伸ばしたりしながらなんとか小木に到着。 アース・セレブレーションが開催される小木港脇の公園にて小休止、この後の難所に備える。

っと言うか、ショートカットで帰ろうか・・・とか暫し考えたり・・・(笑)
でも、せっかくココまで来たんだしと素浜に向かう。

 

f:id:sado_roadbike:20141014224821j:plain

途中の(結婚前に妻に突き落とされそうになった)長者ケ橋の絶景。

 

f:id:sado_roadbike:20141014224948j:plain

岩肌が荒々しい海岸線

 

そして、素浜前の激坂1 平均7% 最大10% 鼓童坂(STRAVAより)に向かう。
当然、写真なんかありません。
初めて登る坂って配分がわからず困ります。 この鼓童坂も激勾配が終わって・・・っと思ったのに、更に上りが続いたりと心を折りに掛かります。
210kmコースの後半に当たるわけで、これはキツイ。 来年の参加に黄色信号です。

しかし、無理せず軽いギアで回せばいつかは終わりはくるわけで、なんとかクリア。
左足の違和感もいつの間にか解消され、3連坂の最長区間をクリアしたことで心にも余裕が。

 

f:id:sado_roadbike:20141014225008j:plain

暫し、素浜の海岸線を流し、第2の坂に備える。

 

佐渡の海岸線は岩肌有り、砂浜有りで変化に飛んでいて飽きないです。

素浜海岸を抜けるといよいよ第2の坂に。
ここは、最初の坂に比べると距離が短いのでなんなくクリア。(まぁ、速度は上がらずでしたが)
そして、国道に。
この頃になると、足にきたのかケイデンスが上がらない。
第3の坂は惰性で乗り越え、その後は逆風もあったけれど、30km/hをちょっと切る速度で流して終了。 やはりスタミナ不足が課題です。

 

何はともあれ、久々の100km越えライドに満足です。