坂道は遠慮致します。

TREK domane2.3→2016年CANYON ULTIMATE CF SL 筋肉痛が1日遅れでやって来る40代。 恐妻に怯えながら日々ライド中。

ZWIFT練の先に待っているもの

ZWIFTのワークアウト 6wk Beginner FTP Builder
6週間掛けて、初心者なお前のFTPを高めてやるぜ!なプログラムですが、5週目に入ってます。

f:id:sado_roadbike:20190314162440j:plain

3月上旬(4週目)は花粉症の為服用した薬が眠気を誘いまして、身体がダルい…。
っと言うか、眠い。
一日中眠くて、ZWIFT練にも苦労しました。
 
それに加えラン練も少しはしないといけない…。という感じでして疲れました。
 
5週目の練習は、徐々に強度高めの練習になってきたのと、思いの外10kmマラソンの影響で足が重かったりで、FTP強度で回すのが結構辛く、おいおい、こんなんで6週終えた時に「FTP上がりました~」なんて笑顔で言えるのか怪しくなってきてます。
 
よもや、6週前より衰えてるなんて事はないと良いのですが…(汗)
 
しかし、あれですね。
ZWIFT導入前は、ローラー練も軽い負荷で20分回すので飽きてたんですが、今では4~5回/週の頻度で、1時間ちょい回すのが当たり前に。
 
1500円/月の課金に躊躇してましたが、早く始めてれば良かった…。
 
まぁ、それを見てる妻の視線が痛いのですが…(汗)
 
 
こうなってくると自然と、そう自然とスマート・トレーナーなる物に物欲が刺激されるわけです。 
Tacx(タックス) Neo Smart 2088000000181

Tacx(タックス) Neo Smart 2088000000181

 
軽くエントリーロード並みの金額ですがね。 
 
Tacx(タックス) FLUX Smart 2088000000228

Tacx(タックス) FLUX Smart 2088000000228

 

 ちょっとお安いのもあったりして、ローディ脳は全開に全壊です。

 
いや、4月からは外を走るのも多くなるでしょうし、暫くは様子を見つつ・・・・ですかね。

初マラソン 10kmに出走

3月10日(日) 佐渡朱鷺健康マラソンなるものに参加してきました。
妻の加圧トレーニングのドーナツ先生に招集され、マラソン初参加です。

 

 

11月からちょこちょこと走り始めまして、普段の練習は約5kmほどを週に1回位(頑張って2回とか)。
1月は道が凍ってしまったり、2月からはZWIFT課金してしまったので、元取る為にZWIFT頑張ったりしながら、忘れた頃に走る感じでしたが、志高く10kmコース(10km、5km、3kmコースがあった)に参加です。

 

普段の練習は5km程を5分20秒/km。
7km位を走ったのは2~3回で、後半明らかにフォームが崩れていたのがわかったので、10kmをどの位で走ればよいのか…。

 

なんとなく前半は5分30秒/km位で走ってみようかと作戦を練ります。

 

当日は快晴でマラソン日和ですが、オイラ的には花粉の飛散が心配です。

 

会場に到着すると、既にアップ走をしてる人が多数。
明らかにアップ走からして早い、そして軽やか…。

どうやら、10kmコースに出走するのは60~70人規模らしく、初心者がちょっと走ってみようか♪って感じよりは、マラソン歴がある人の本格マラソンに向けての足慣らしイベントなのか…(汗)

まぁ、言ってもオイラの場合は、順位をどうこうよりかは、自分の現状が知れれば良いということで。

 

ドーナツ先生からは、「スタートは、えーっ!っていう位で皆走って行くけど、ついて行ったら死ぬよ」と助言を頂きました。

まぁ、端からついて行けるとも思いませんが、肝に命じます。

 

さぁ、スタートです。
GARMIN instinctもスタート準備万端です。 

 


バンッ!
スタートの合図と共に instinct をピポ!
っとやったつもりが・・・

なんか、トレーニングモードとか見たこと無い表示になってる…うそーん!!!

 

画面戻したり、進めたり、ホーム画面に戻そうとしてみたりしますが、終いには方位と座標が表示される始末。 とほほ

 

スタートダッシュに驚くことも出来ず、 instinct に振り回されて(っと言っても自分が悪いのですが)気がつけば、周りは同じ位のペースの人が疎らに走る状況になっておりました。


しょうがない、ラップと心拍の確認は出来ないけど諦めるか…。

っと思いましたが、往生際悪く再び悪あがきしてみたところ、なんとかログ取り開始出来ました。

instinct に目を向けると、4分35秒/km位で走ってまして、 オイラ的には明らかにオーバーペース。
ですが、若干下りなのと多分追い風、心拍は145位なので、そのままのペースで走ることにします。

50m位先に集団後方が見えますが、徐々に差は離れていきます。
オイラの前後にはたぶん3~4人位。
うん、マラソンは自分との戦いだ!


既に喉が乾いてきました。
給水所とか無いのか??と思いましたが、最後まで無く10km程度のマラソンでは一般的に給水所は必要ないのでしょう。

3km程でトキの森公園に入ります。
若干の上りに汗が吹き出ますが、上りはココとスタートで若干下ったところを最後上る位のはず。無理をせずに淡々と走ります。
この辺からは5分/km前後のペース。

 

4km地点で一人抜かされ、一人抜き、更に5km地点で一人抜きます。
一人で走る時と違って、前のランナーが1つのモチベーションとなり、後ろのランナーの足音が恐怖となります。

 

この5km地点で、自分のinstinctは4.1kmを表示。
序盤900m位のログが無い事を認識します。

 

7km地点では緩やかな下りが終わり、その先最初下った緩やかな上り~ゴールへとなります。

ココまでで自分的には辛いながらも、なんとかゴールまでは走れそうな感じです。
前方のランナーと徐々に差が詰まります。

ココでオイラは調子ぶっこいてしまいます。

よし、前のランナーを抜いて、この先の緩い上りで差を広げる!

残り3km。
最後はバテバテになっても、なんとかなるんでないか?

 

スパート開始!

前のランナーを抜き去り、快走(のつもり)で走ります。

緩い上りをペースを乱さず走ります。

 

「頑張って~」
「もうちょっとだよ~」
「ファイト~」

沿道の声援がオイラに力をくれます。

 

ですが、気がつくとオイラに向けた声援の後に再び声援が飛んでいます。

 

徐々に、その後ろの声援の間隔が短くなってきます。

「え、後ろ詰められてる?」


オイラの脳内妄想では、上りで颯爽と差を広げたことになっていましたが、実際は徐々に差を詰められてましたです。はい。

 

残り1.5kmほどで一人、更に残り1.2kmほどで一人と抜き返されます。

(うへぇ、きっつい)

 

いつものオイラであれば、このまま自分のペースで走り終えるところですが、この日は初マラソンでテンション上がってたのでしょうか。
直ぐ目の前に目標物(ランナー)がある効果でしょうか。
最後の直線で再びスパートをかけることにします。

前のランナーをパスし、そこからは無酸素運動です。

ゴール後は足ガクガクですよ。

水分…欲しい…。

ゴール直後に配られたアクエリアスを飲み干し、なんとか命を繋ぎ止めました。

 

結果は48分台でして、平均4分50秒/km位でした。
当初予定では55分位かな?52分とかなら嬉しいな、って感じでしたので、練習以上の成果です。

 

ですが、一般的に皆さん4分前半~4分半は当たり前で、トップの人達は3分前半みたいです。

オイラは順位的にも、後ろに数人数える位ですね(汗)


しかし、現状の自分的にはかなり頑張ったのでしょう。
その後数日身体が思うようになりませんでした。(´・ω・`)ショボーン