坂道は遠慮致します。

TREK domane2.3→2016年CANYON ULTIMATE CF SL 筋肉痛が1日遅れでやって来る40代。 恐妻に怯えながら日々ライド中。

LEZYNE MEGA XL センサーロストの原因を探る(2) 解決編

LEZYNE MEGA XLのスピードセンサー ロスト問題ですが、前回のローラー練の際に微かな希望を見つけ出し、その検証をしてみました。 

sado-roadbike.hateblo.jp

 

 

今回の検証は、スピードセンサー(ANT+)とサイコンの距離についてです。

 もしかしてだけど、センサーを近付けたら途切れないんじゃないかな…。

って事で、まずは、もしかして後輪ハブでも今回は途切れないのでは??なんて思いながらスタートするも…やはり相変わらずな途切れようです。

 

それではと、前輪ハブにセンサーを移動させて、再スタート!

その結果は…。

 

 

 

 

おー、途切れない!

f:id:sado_roadbike:20190718112115j:plain


f:id:sado_roadbike:20190718111922j:plain

センサー移設後は、両方ともほぼ同じ走行距離を記録しました。

その次のライドでも、前輪ハブに装着時はセンサーが途切れる事もなく、走行距離は36km程走り、違いは60m程度、獲得高度も6m程違いましたが、これもオイラ程度には問題ない範囲かと思われます。

f:id:sado_roadbike:20190718112642j:plain

これで、何不自由無くライドのお供に出来そうです。

スピード・ケイデンス一体型のセンサーなら後輪ハブより若干距離は縮まるので、途切れることなく作動するかもしれないので、ローラー台で使用したい時は試してみる価値はあるかもしれませんが、オイラがローラーする時はZWIFTなので、これも問題無いように思えますが、そもそも、妻用のGPSサイコン調達のミッションでしたので、妻がGARMINとLEZYNEのどちらを使用するか次第ではあります。

 

これにて、LEZYNE MEGA XLのセンサーロスト問題は解決!って事で良いんではないでしょうか^_^

LEZYNE MEGA XL センサーロストの原因を探る(1)

LEZYNE MEGA XLの今後の運用について

GPSでの速度測定であれば、ある程度の精度で運用可能であることがわかったわけですが、やはりスピードセンサー使いたいじゃないですか。 

sado-roadbike.hateblo.jp

 

そこで、いくつか検証してみたいと思います。
まず、本体のファームウェアは2019.6.19更新のバージョン10.31を使用です。

 

1回目はGARMIN製スピードセンサー(ハブ軸加速度型)をANT+にてペアリング。
頻繁に接続が切れて、その都度停止状態→再開→停止→再開ってな感じでした。

センサーロスト時間はそれぞれ数秒程度です。

 

センサーが頻繁に切れる原因は何なのか…?
・MEGA XL デバイス本体の不具合
・スピードセンサーのバッテリーが弱くなっている。
・センサーとの相性が悪い。
・センサーとの距離が遠い。

思いつくのは、こんな感じ。

 

っと言うことで、第2回検証は、もう一台のローラー用バイク(TREK DOMANE2.3)で、試して見たいと思います。

 

センサーはGARMIN製スピード・ケイデンスセンサー、とパワーメーター(VECTOR3)です。ケイデンスはVECTOR3から拾うこととなります。

 

ZWIFTしながら、傍らでLEZYNE MEGA XLにてログを取ってみました。
マウント移植は面倒臭かったので、横目でチラ見出来る程度のハンドル脇に置いて計測しました。

 

その結果が↓↓↓

f:id:sado_roadbike:20190709114826j:plain


あれ?途切れて無い・・・・・。

 

最大の疑いを掛けられていたデバイス本体の不具合が原因ではないってこと???

 

次回、LEZYNE MEGA XL センサーロスト問題がついに解決か? 

sado-roadbike.hateblo.jp