読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

坂道は遠慮致します。

TREK domane2.3→2016年CANYON ULTIMATE CF SL 筋肉痛が1日遅れでやって来る40代。 恐妻に怯えながら日々ライド中。

謎に包まれた、佐渡金山ヒルクライムへの光の鍵を手に入れた

自転車イベント

謎のベールに包まれた佐渡の自転車イベント佐渡金山ヒルクライム2015」

公式サイトは依然2014のままです。

 

選ばれた漢達にのみ扉が開かれる。 または、RPGゲームみたいな、あるイベントをクリアして光の鍵を手に入れないと入れない部屋。

みたいな感じなのか…。

調子こいて会場に行ったら、身内のレースイベントに飛び入り参加しちゃって、ドギマギした貧脚野郎ってな感じになるのか…。

 

オイラに与えられたヒントは

  1. 11月1日(日)に開催されるらしい。
  2. 昨年出場者には申込書が郵送されるらしい。
  3. 金井のK自転車店に申込書があるらしい。

昨年出場していないオイラには、当然申込書は送られてはきません。

かと言って、11月1日にいきなり飛び入り参加するのもどうかと思われます。(ってか、ダメです)

 

と言うことは、残された最後のヒント、K上自転車に行ってみるしかないな…。

 

見習い勇者オイラは、K上自転車の扉を開けた。

見習い勇者オイラは、店主に話しかけた。

オイラ「あのぉ、佐渡金山ヒルクライムの申込書がココにあると聞いたんですが…。」

店主 「いやー、私にはわかりません。」

オイラ「えぇぇぇぇぇっ!ガセネタか??(心の声)」

店主 「あぁ、もしかしてコレのことかなぁ…。」

カウンター上に紅葉の写真がキレイな紙が数枚置かれています。

 

見習い勇者オイラは、カウンターから紙を持ち上げた。

見習い勇者オイラは、佐渡金山ヒルクライムの申込書を手に入れた。

「おお!、これこれ。これです。」

 

相手は、店主ではなく、店主(父)でした。

 

っと言う事で、佐渡金山ヒルクライムのパンフレットを手に入れました。

f:id:sado_roadbike:20151008183318j:plain

f:id:sado_roadbike:20151008183327j:plain

これで開催されるってのはわかった。

あとは超級山岳との2回目の交渉(直に言えずにLINE経由)の答え待ちだ…うへぇ。