読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

坂道は遠慮致します。

TREK domane2.3→2016年CANYON ULTIMATE CF SL 筋肉痛が1日遅れでやって来る40代。 恐妻に怯えながら日々ライド中。

3本ローラーで手放しに挑戦したいのだよ!

ローラー台

お久しぶりです。(自分のブログに対して…。)

 夏前までは、早朝ライドが日課でしたが、8月の長雨が明けて、気がついてみたら日が昇るのが遅くなってる…っと言うことで、9月からは3本ローラーにハマっております。

毎回タブレットにて弱虫ペダルを見ながらローラーを回し続け37話まできたので、8月後半から始めたローラー練を各21分20秒程度×37回行ったことになります(笑)

3本ローラー台での練習は、ペダリングを習得するのに適しているとのこと。弱ペダ15話目位からは3本ローラー上での手放しに興味を持ちまして、無謀にもチャレンジしてみることに。

 

ローラー台上でブレない為には、両足でのスムーズなペダリングが必須。
更に、手放しする為には、後ろ重心が不可欠とのことで、手放しに挑戦することで強制的にペダリングの矯正してみようかって作戦です。

手放し挑戦を表明した際のスキルは、片手でなんとかペダリングは可といった具合。
(最初は片手なんて考えられなかったなぁ…遠い目)

 

ネットで調べた情報によると、手放しに必要なのは
1)後ろ重心
2)バランスの良いペダリング
3)勇気 
とのこと。

・・・勇気かぁ・・・。
明日も仕事あるしなぁ・・・怪我とかしたら・・・
(あぁ、オイラはなんてちっさい男なんだ・・・)

 

まずは、ローラー上で暖機運転と言うかの心の準備時間。
5分ほどで徐々にペダリングは滑らかになりつつ…。
あぁ、心拍が上がっていく…。

変な汗が吹き出してくる…。

 

徐々に身体を起こし、重心を後ろ気味に…。

さぁ、手を放すんだぁぁぁぁぁっ!

・・・

・・・・・

おぉぉぉぉっ!

ハンドルを握る手を開いてはいるが、指先がハンドルから放れない。

人差し指と中指の先が触れてるだけなのだが、それが放れないのだよ・・・。

なんか、頭の中も真っ白になってきてるし。

もう、その時は弱ペダの内容なんて全く頭に入ってこないし。

 

何度意を決したことかわかりませんが・・・。

 

うおぉぉぉぉっ!

 

っと次回につづく(笑)